駒ヶ根

信州 駒ヶ根のぶどう狩りに行きました。


・ぶどう狩り
ぶどう狩りに行こうと思いました。
行ったときは夏から続いていた暑さも少し和らいできた季節です。

るるぶの秋の味覚狩り特集も参考にしたのですが、愛知県だと岡崎、岐阜県になると長良川か中津川のほうにありました。

ただ、ぶどう、ワインといえば、思いつくのは山梨の甲府、勝沼なのですが、日帰りするには少し遠いところに住んでいます。
帰りの渋滞が気になるところです。結局、次回、ほうとうを食べに行くときに考えることにしました。

・駒ヶ根に行くことに

長野県まで行くことにしました。駒ヶ根です。
駒ヶ根の手前の松川町も気になったのですが、ぶどう狩りがインターネットで探せませんでした。
また、少し先の塩尻も候補にしたかったのですが、今回は、駒ヶ根に行くことにしました。B-1グランプリ駒ヶ根ソースカツ丼が頭に浮かんだせいかも知れません。

ぶどう狩りは、高速道路の駒ヶ根ICより10分くらいのフルーツランド熊沢農園に行きました。
プルーンのサンプルーンとリンゴは秋映、梨は南水と二十世紀、そしてブドウはアーリースチューベン、ナイヤガラを食すことができました。
時間制限もなく、りんご、なし、ぶどう、プルーンとくだものの種類が楽しめるのがよかったです。

・ソースカツどん
ソースカツ丼は、駒ヶ根のあちこちに「ソースカツ丼」ののぼりが立っており、食べる所は困らなさそうです。高速道路の駒ヶ根SAにもありました。

・ぶどう狩りのあとで
南信州ビール、養命酒の駒ヶ根工場、マルスウイスキー、かんてんぱぱガーデンをウェブでチェックし、時間の都合もあり、伊那食品工業のかんてんぱぱガーデンに行きました。

5分以上続く長い長い恵那山トンネルを抜けて、飯田の町並みが視界に広がったときは、ほっとした。

駒ヶ根から望む中央アルプスには日本を代表する「千畳敷カール」があります。



この記事へのコメント

レジャー・体験・遊びを探す